2017-07-16

100th Death Anniversary of Philipp Scharwenka

Ludwig Philipp Scharwenka (Germany, 1847 - 1917) - Für die Jugend, 6 kleine Stücke für das Pianoforte, Op. 71; No. 4. Lento espressivo, C-Dur

今日はポズナン大公国出身のドイツの作曲家フィーリプ・シャルヴェンカ没後100年の命日です。今回はフィーリプ・シャルヴェンカ作曲「若者のために、6つのピアノ小品 Op. 71」より第4曲 ハ長調 を弾きました。

プロイセンの支配下にあったポズナン大公国のザムター (Samter, ポーランド語ではシャモトゥウィ Szamotuły) に生まれたフィーリプ・シャルヴェンカは、1865年に弟のフランツ・クサーヴァー・シャルヴェンカ (Franz Xaver Scharwenka, 1850 - 1924) とともにベルリンの新音楽アカデミーでリヒャルト・ヴュルスト (Richard Wüerst, 1824 - 1881) に音楽理論を学びました。同時期にハインリヒ・ドルン (Heinrich Dorn, 1804 - 1892) にも師事しています。1870年に同校で音楽理論と作曲の教師となり、1880年にヴァイオリン奏者・作曲家のマリアンネ・シュトレーゾー (Marianne Scharwenka-Stresow, 1856 - 1918) と結婚しました。マリアンネとの間に生まれた子、ヴァルター・ゲルハルト・シャルヴェンカ (Walter Gerhard Scharwenka, 1881 - 1960) は作曲家・オルガン奏者になっています。

1881年には弟クサーヴァーとともにシャルヴェンカ音楽院 (Scharwenka-Konservatorium) を設立しました。1891年に弟とともに渡米しましたが、翌1892年には弟を残して帰国しました。音楽院は1893年にクリントヴォルト音楽学校と合併してクリントヴォルト・シャルヴェンカ音楽院 (Klindworth-Scharwenka-Konservatorium) となり、フィーリプは米国在住の弟の代わりに同校の理事に就任しました。

2017-06-27

100th Death Anniversary of Blas Maria Colomer

Blas Maria Colomer (Spain, 1833/1840 - 1917) -
Petites inventions canoniques, faciles et progressives à 2 parties, en deux cahiers: 1er Livre. No. 46. Modéré (D minor)

Sonatine burlesque sur des airs populaires français (G major)

24 Préludes mélodiques dans tous les tons majeurs et mineurs; No. 24. Aria. Lento (D minor)

今日はスペイン・バレンシア出身のフランスの作曲家・ピアノ奏者、ブラス・マリア・コロメル (ブライ・マリア・コロメ) 没後100年の命日です。今回はコロメル作曲「カノン風で易しく段階的な2声の小インヴェンション集」の50曲からなる第1巻より第46曲 ニ短調を弾きました。

以前にコロメル作曲の「フランスの愛唱歌によるおどけたソナティネ」と「24の旋律的前奏曲より第24曲『アリア ニ短調』」を弾いていたので、ここで併せて紹介します。

「おどけたソナティネ」は、当時よく知られていた民謡や童謡の旋律をふんだんに使った3楽章構成の小さなソナタです。使用されている曲は、第1楽章で Ah! vous dirai-je, maman (ああ、お母さん聞いて = きらきら星) / Dansez, dansez / Au clair de la lune (月の光に) / Nous n'irons plus au bois (もう森へは行かない) ; 第2楽章で Conservez bien la paix du cœur / Monsieur et Madame Denis de Jacques Offenbach (ジャック・オッフェンバックの「ドニ夫妻」) ; 第3楽章で Compère Guilleri (相棒ギエリ) / Ah! le bel oiseau, maman / Marlbrough s'en va-t-en guerre (マールボロは戦場に行った) / Sur le pont d'Avignon (アヴィニョンの橋の上で) / J'ai du bon tabac (いいタバコを持っている) です。

2017-05-13

Vladimir Artynov - Élégie, Op. 3 No. 4 'Le jour'

Vladimir Yevgenyevich Artynov - 4 Élégies, Op. 3; No. 4. Le jour. Moderato (F minor)

ヴラディーミル・エフゲーニエヴィチ・アルティーノフ作曲「4つの悲歌 Op. 3」より第4番「昼 ヘ短調」を弾きました。ユルゲンソンのプレート番号 (37465-37468) からすると、1914年頃に出版された楽譜のようです。

モスクワのロシア国立図書館には、独唱とピアノのための2つの歌曲集 (中声のための3つのロマンス Op. 1, 4つの詩 Op. 2) が所蔵されています。 この悲歌集は Op. 3 ですから、作品番号の付いた彼のピアノ曲としては最初に出版された曲集ということになるでしょう。

この曲集の各曲にはそれぞれ一日のうちの時間帯を示す言葉が副題として付けられていて、「夕べ Вечер ; Le soir」「夜 Ночь ; Le nuit」「朝 Утро ; La matin」「昼 День ; Le jour」と順に並んでいます。また、各曲はそれぞれセルゲイ・タネーエフ (Sergey Taneyev, 1856 - 1915)、ニコライ・ジリャーエフ (Nikolay Zhilyayev, 1881 - 1938)、アレクサンドル・グレチャニノフ (Aleksandr Grechaninov, 1864 - 1956)、コンスタンチン・イグームノフ (Konstantin Igumnov, 1873 - 1948) に献呈されています。タネーエフとそのモスクワ音楽院での教え子たちですね。

題辞として各曲に副題にちなんだ詩が楽譜に書かれていました。第4番「昼」のものは以下に示すとおりです。

Ярко светит солнце. Всюду жизнь и все цветет...
Но я один... Душа тоскует. Эта окружающая радость Дня только усиливает мою грусть... Я не верю Солнцу...
Мне грустно... Я один...

ヴラディーミル・アルティーノフの経歴については断片的な情報しか見つかりませんでした。1907年から1908年までセルゲイ・タネーエフから対位法の個人レッスンを受けていたこと (Сергей Иванович Танеев - Sergey Ivanovich Taneyev) からすると、4人の被献呈者は彼の師と兄弟子たちということになります。また、1913年にモスクワで作曲の教師をしていて、音楽学者ゲオルギー・ポリャノーフスキー (Georgy Polyanovsky, 1894 - 1983) を指導していた (Марина Раку "Музыкальная классика в мифотворчестве советской эпохи", p. 461) とありました。

2017-05-11

100th Death Anniversary of Otto Klauwell

Otto Klauwell (1851 - 1917) - 3 Stücke in Kanonform, Op. 38
No. 1. Präludium Es-Dur. Langsam

No. 3. Romanze E-Dur. Getragen und ausdrucksvoll

今日はドイツの作曲家オットー・クラウヴェル没後100年の命日です。今回はクラウヴェル作曲「カノン形式による3つの小品 Op. 38」より第1曲「前奏曲 変ホ長調」と第3曲「ロマンツェ ホ長調」を弾きました。

作曲家・ピアノ教師であったアドルフ・クラウヴェル (Adolf Klauwell, 1818 - 1879) の甥であったオットー・クラウヴェルは、プロイセン王国のバート・ランゲンザルツァ (Bad Langensalza) に生まれました。1865年から1870年までプフォルタ学院 (Schulpforta) に在学。普仏戦争 (1870-1871) に従軍したのち、1871年にライプツィヒ大学に入学して数学と自然科学を専攻したものの、1872年からライプツィヒ音楽院でエルンスト・フリードリヒ・リヒター (Ernst Friedrich Richter, 1808 - 1879) とカール・ライネッケ (Carl Reinecke, 1824 - 1910) に師事。 1874年に学位論文 Die historische Entwicklung des musikalischen Kanons (カノンの歴史的発達) で博士号を取得。1875年にはケルン音楽院 (現在のケルン音楽大学) でピアノ、作曲、音楽史の教授となりました。

2017-05-05

150th Birth Anniversary of Karl Thiessen

Karl Thiessen (Germany, 1867 - 1945) - Mazurka, Hommage à Grieg

今日はドイツの作曲家・ピアノ奏者、カール・ティーセン生誕150年の誕生日です。今回はティーセン作曲「マズルカ イ短調、グリーグを讃えて」を弾きました。楽譜は1907年に出版された「新音楽新聞 Neue Musik Zeitung 」に掲載されています。

キールに生まれたカール・ティーセンは、1888年よりヴァイマルの大公音楽オーケストラ学校 (Musik- und Orchesterschule, 現在のフランツ・リスト・ヴァイマル音楽大学) でカール・ミュラーハルトゥング (Carl Müllerhartung, 1834 - 1908) にピアノと対位法を師事。ヴュルツブルク王立音楽大学でカール・クリーベルト (Karl Kliebert, 1849 - 1907) に管弦楽法と指揮をマックス・マイヤー=オルバースレーベン (Max Meyer-Olbersleben, 1850 - 1927) に音楽理論を、ファン・ツァイル (van Zeyl) にピアノを師事しました。東フリースラント地方のエムデン、アウリヒで合唱指揮者となり、1897年よりツィッタウで活動しています。以上の経歴は Hermann Fey: Schleswig-Holsteinische Musiker. Ein Heimatbuch, Hamburg (Carl Holler) 1921, pages 113-117 を出典とするドイツ語版ウィキペディアに書かれていたものです。

2017-05-03

200th Birth Anniversary of Anton Berlijn

Anton Berlijn (Netherlands, 1817 - 1870) - Nocturne in A minor. Andante con espressione (Beethoven-Album, pages 184-187. Based on Ludwig van Beethoven's Symphonies Nos. 5 and 7)

今日はオランダの作曲家・指揮者、アントン・ベルレイン生誕200年の誕生日です。今回はベルレイン作曲「夜想曲 イ短調」を弾きました。この曲は「ベートーヴェン・アルバム Beethoven-Album. Ein Gedenkbuch dankbarer Liebe und Verehrung für den grossen Todten 」(Stuttgart: Hallberger'sche Verlagshandlung, 1846) に収録されたもので、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲の「交響曲第7番 イ長調 Op. 92」、「交響曲第5番 ハ短調 Op. 67」の主題が使われています。

アムステルダムに生まれたアントン・ベルレインは、同地でベルナルト・コッホ (Bernard Koch, 1791 - 1858) にピアノとヴァイオリンを、ローデウェイク・エルク (Henrik Karel Willem Lodewijk Erck) に音楽理論を師事。1839年にはライプツィヒでゴトフリート・フィンク (Gottfried Fink, 1783 - 1846) に対位法を師事しました。

2017-03-24

150th Birth Anniversary of Martinus Sieveking

Martinus Sieveking (Netherlands, 1867 - 1950) - A Sketch (E minor)

今日はオランダ出身の作曲家・ピアノ奏者、マルティヌス・シーヴェキング (マルティヌス・ジーフェキング ; マーティン・シーヴキング) 生誕150年の誕生日です。今回はシーヴェキング作曲「スケッチ ホ短調」を弾きました。

アムステルダムに生まれたマルティヌス・シーヴェキングは、合唱指揮者・作曲家であった同名の父マルティヌスにピアノの手ほどきを受けたのち、アムステルダム音楽院でフランス・クネン (Frans Coenen, 1826 - 1904) に作曲を、ユリウス・レントゲン (Julius Röntgen, 1855 - 1932) にピアノを師事しました。伴奏者、独奏者として欧米各地を演奏旅行し、ボディビルダーのユージン・サンドウ (Eugen Sandow, 1867 - 1925) の米国興行 (1893) にも音楽家として同行しました。サンドウの指導でシーヴェキング自身もボディビルディングを行っていたようです。1898年にはヴィーンのテオドル・レシェティツキ (Theodor Leschetizky, 1830 - 1915) のもとでピアノの演奏技術を磨きました。

2017-03-22

50th Death Anniversary of Émile Nerini

Émile Nerini (France, 1882 - 1967) - Piano Sonata No. 1 in C sharp minor, Op. 13 (1903); II. Adagio espressivo quasi romanza (E major)

今日はフランスの作曲家エミル・ネリニ没後50年の命日です。今回はネリニ作曲「ピアノソナタ第1番 嬰ハ短調 Op. 13」より第2楽章 ホ長調 を弾きました。

ピアノ製造業者の子としてコロンブで生まれたエミル・ネリニは、パリ音楽院でエミル・デコンブ (Émile Decombes, 1829 - 1912)、シャルル・フェルディナン・ルヌヴー (Charles-Ferdinand Lenepveu, 1840 - 1910)、ジョルジュ・コサード (Georges Caussade, 1873 - 1936) に師事しました。

出典: Baker's Biographical Dictionary of Musicians, 5th edition, 1958. page 1152

2017-03-04

100th Death Anniversary of Julius Bechgaard

Julius Bechgaard (Denmark, 1843 - 1917) - Charakteerstykker, Op. 3; No. 3. Aftenscene. Andante quasi Allegretto (G minor)

今日はデンマークの作曲家・オルガン奏者、ユーリウス・ベクゴー没後100年の命日です。今回はベクゴー作曲の4曲からなる「性格的小品集 Op. 3」より第3曲「夜景 ト短調」を弾きました。

コペンハーゲンに生まれたユーリウス・ベクゴーは1869年から1871年にかけてライプツィヒ音楽院で学んだのち、コペンハーゲンでヨハン・クレスチャン・ゲバウア (Johan Christian Gebauer, 1808 - 1884) とニルス・ゲーゼに師事しました。

出典: Kendtes Gravsted ; Baker's Biographical Dictionary of Music and Musicians (1919), p. 58

2017-02-10

100th Death Anniversary of Émile Pessard

Émile Pessard (France, 1843 - 1917) - 25 Pièces pour piano, Op. 20; No. 6. Valse rêveuse (G minor)

今日はフランスの作曲家・批評家、エミール・ペサール没後100年の命日です。今回はペサール作曲「25の小品 Op. 20」より第6曲「夢想のワルツ ト短調」を弾きました。

モンマルトルに生まれたエミール・ペサールは、パリ音楽院でフランソワ・バザン (François Bazin, 1816 - 1878) に和声を、ローラン (Laurent) にピアノを、フランソワ・ブノワ (François Benoist, 1794 - 1878) にオルガンを、ミケーレ・カラファ (Michele Carafa, 1787 - 1872) に作曲を師事しました。1862年に音楽院の和声法で一等賞を獲得し、1866年にローマ賞第一等 (次席なし) を受賞しました。1881年よりパリ音楽院で和声法の教授となり、教え子の中にはギュスターヴ・シャルパンティエモーリス・ラヴェル、ジュスタン・エリー (Justin Elie, 1883 - 1931)、ジャック・イベールなどがいます。

ペサールの作品の中では、同じ「25の小品 Op. 20」の第8曲「アンダルーズ 嬰ヘ短調 Andalouse 」をペサール自身がフルートとピアノに編曲したもの (ホ短調に移調) がよく知られているようです。

出典: Baker's Biographical Dictionary of Music and Musicians (1919), p. 698

2017-02-07

150th Birth Anniversary of Richard Wickenhausser

Richard Wickenhausser (Czech, 1867 - 1936) - 10 Kleine Tonbilder, Op. 72; No. 6. In den Fjorden. Pastoral (G minor)

今日はチェコ出身の作曲家・合唱指揮者、リヒャルト・ヴィケンハウサー生誕150年の誕生日です。今回はヴィケンハウサー作曲「10の小さな音画 Op. 72」より第6曲「フィヨルドにて ト短調」を弾きました。

モラヴィアのブルノに生まれたリヒャルト・ヴィケンハウサは、オットー・キツラー (Otto Kitzler, 1834 - 1915) に師事したのち、1890年から1893年にかけてライプツィヒ音楽院でザーロモン・ヤーダスゾーン (Salomon Jadassohn, 1831 - 1902) とオスカル・パウル (Oscar Paul, 1836 - 1898) に師事しました。

出典: Baker's Biographical Dictionary of Music and Musicians (1919), pp. 1032-1033

2017-01-17

100th Death Anniversary of Viktor Gluth

Viktor Gluth (Czech, 1852 - 1917) - Tonskizzen, II. Etwas bewegt (G major)

今日はチェコ出身のドイツの作曲家ヴィクトル・グルート没後100年の命日です。今回は、グルート作曲の3曲からなる「音のスケッチ集」より第2曲 ト長調を弾きました。「音のスケッチ集」は1890年に出版された「新音楽新聞 Neue Musik Zeitung 」に掲載されました。

オーストリア帝国の支配下にあったボヘミアのプルゼニ (ピルゼン) に生まれたヴィクトル・グルートは、ミュンヘンの王立音楽アカデミー (現在のミュンヘン音楽・演劇大学) の教授となり、ミュンヘンで亡くなりました。

出典: Baker's Biographical Dictionary of Music and Musicians (1919), pp. 317